ONE PIECE ワンピース携帯海賊団
1/24更新

■携帯で見るONE PIECE(ワンピース)情報!待ち受けやデコメもあるよ♪

■トニートニー・チョッパー(Tony Tony Chopper)|キャラクター紹介

チョッパー

トニートニー・チョッパー(Tony Tony Chopper)
拡大

■来歴(キャリア)

青っ鼻で生まれたためにトナカイ達の間で仲間外れにされ、さらに動物系悪魔の実「ヒトヒトの実」を食べて人間トナカイとなってしまうが、なぜか人型になっても青っ鼻はなおらず、人間からも「化け物」として疎まれ、迫害を受け続けてきた。人間から「雪男」と間違えられて攻撃され傷ついていたときに、Dr.ヒルルクに助けられる[4]。ヒルルクの死後、彼の遺志を継ぎ、「万能薬」になるべくDr.くれはに医術を学んだ。

数年後、ブリキング海賊団がワポルの王政を復活させようと島を訪れたとき、ルフィと共闘したのをきっかけに仲間に加わる[5]。

一度、麦わらの一味が「デービー・バック・ファイト」の1回戦で敗れた際、フォクシー海賊団に(一時的に)入団させられたことがある。その際、泣き喚いたが、ゾロに叱咤され腹を括った。

エニエス・ロビーの事件後、50ベリーの懸賞金が懸けられた。この懸賞金の低さは、チョッパーが怪物化の代償として体が動かなかったため、ためらいの橋における大佐、中佐精鋭200名との戦闘時、ココロやチムニー達と船に避難していたため麦わらの一味のペットと考えられたためと、クマドリを倒したときの姿が仲間以外は誰も同一人物だと思えないほどに変化していたためと思われるが、チョッパー自身はあまりの低額さにショックを受け、その後のルフィとの会話で泣き喚いていた。しかし、懸賞金が懸かったこと自体はうれしいのか、サニー号の男部屋の壁に手配書を貼っている。

シャボンディ諸島での戦闘中に、再び現れたバーソロミュー・くまの肉球によって南の海のトリノ王国に飛ばされ、原住民と巨大鳥との戦争に巻き込まれるが、双方の誤解を解き終戦に導いた。原住民に別れを告げ巨大鳥に乗ってシャボンディ諸島に向かう途中、新聞に載っていたルフィの「16点鐘」の行動にメッセージがあるのを読み取り引き返す。そして王国が有していた高度な製薬技術の学習と独自の生態系の研究を始める。

2年後の現在、トナカイとしては肉体が大きく成長を遂げ、角もより立派になった。巨大鳥にシャボンディ諸島まで送り届けてもらって5番目に到着し、麦わらの一味の仲間と再会する。





▼[TOPICS]▼

第711話 小人の大冒険(確定)
└→バレ画アップ
第710話 グリーンビットに到着(確定速報)
第709話 マタドールは止まらない(予想/考察)
[デコメ]ブルック追加!
[待受け]ブルック追加!
[キャラ]ブルック追加!
ワンピース63巻初版390万部
[動画]第3話モーガンVSルフィ
[4コマ]第4話 宴その1
お勧めリンク集|ONE PIECE ワンピース携帯海賊団
パパラチMAX
日刊女性|芸能ゴシップ
パパラチ芸能裏情報
ネコ画像ニュースキュンぬこMAX
競馬予想競馬うまっ!
方法検索みんなのノウハウ
相性診断|恋活教室
恋活UNIT
旧暦
デート検索デトスポPC・スマホ版
デート検索デトスポ携帯版


(c)ONE PIECE ワンピース携帯海賊団
All Rights Reserved.