ONE PIECE ワンピース携帯海賊団
更新

■携帯で見るONE PIECE(ワンピース)情報!待ち受けやデコメもあるよ♪

ワンピースネタバレ注意

第662話 七武海ローVSスモーカー中将



追記

さすがに今週は早いですね

では以下簡易文字バレ画バレ確定ネタバレどうぞ


簡易文字バレ
画バレ
確定ネタバレ



第662話 七武海ローVSスモーカー中将

世界の甲板からVol.43「インペルダウン 新獄卒獣ミノチワワ」





■ローとたしぎ大佐と海兵、スモーカー

「大佐ちゃんが真2つに~~~!!」
「おい生きてるよな たしぎちゃーん!!」
「なんて屈辱!!斬られて息をしているなんて・・・!!」
「斬るならば殺せ!!トラファルガー!!」
「心ばかりはいっぱしの剣豪か?よく覚えとけ女海兵・・・」
「弱え奴は死に方も選べねえ」
「おのれ!!」
「そんな刀じゃ届かねえ」
「気に入ってんならもっとキザんでやるよ」
「てめえおれ達の大佐ちゃんを侮辱してんじゃねーよ!!」

ローが海兵の銃弾を指先一つで目の前から消して
海兵の足元へ返した。

「わ 銃弾!?」
「何で銃弾がこっちへ!!?撃った弾はどこいった!?」
「撃った弾はそれだ そっちの雪と入れ替えた」
「無敵かよあんにゃろ~~~!!」
「伏せろ!!また全部ブった斬る気だ!!あいつの斬撃は受け止めようがねえ!!大佐ちゃん逃げろ!!」

ローの刃がたしぎ目掛けて振り下がった。
そこへスモーカーの十手が・・・防いだ。


スモーカーは能力で上体をローの背後へ行き
右手でローの首根っこを捕まえ地面にたたきつけた。
そして左手に持った十手をロー目掛けて叩きこむ。


ローは嫌な感じを察知し木片と体を入れ替えた。
木片は木端微塵に。

「いやなエネルギーを感じる・・・海楼石だな その十手の先・・・!!」

ローは刀で振り払う。
その一太刀で様々な物体が斬れまくり。

「危ね~~~!!払った剣でオブジェが斬れた!!」
「軍艦が落ちて来るぞ!!」
「遠慮なく逃げよう!!おれ達邪魔だ!!」
「大佐ちゃん!!ここ離れるぞ!!レベル違いだ!!」
「逃げろ!!円の外へ~~~!!」


■氷の土地 ルフィサイド

ルフィ達
「すげー音がしたサンジ達かな・・・」
「おいワニタウロス 本当にウチの仲間たちの事知らねえのか?」
「黙れおれは何も口は割らん」
「いいよじゃあもっと早く走れ!!」
「屈辱だ・・・こんな若造に・・この追剥共!!」
「反省の色がねえなこのワニ男」
「ブルックお前肌ねえのに寒いわけねえだろ」
「気分ですよ!!」
「ナミ達もあの格好のまま攫われたのなら可哀想!!」
「凍傷で手足がもげてなきゃいいけど」


■研究所内

「M どうしましょう ロー氏とスモーカーがドハデな戦闘を」
「・・・!!!ローの奴何考えてんだ!!追い返すだけの手筈だろ!!」
「例の脱走した海賊達がビスケットルームのガキ共を連れ出し玄関でハチ合わせた様で・・・!!」
「海軍に見られたのか!!ガキ共を!!」
「ええ・・・」
「一番恐れてた事だ・・・!!もうこの島は怪しまれた!!」
「スモーカーをここで殺した所で軍は異変を察知する!!」



■人面鳥 ハッピー モネ

「やっぱりいたわ コイツらに間違いない うふふふ」
「帰ってそうそう何してるモネ!!」
「もう少し注意を払うべきだったかもね」
「そうそう言い忘れてたけど・・・ベガパンクのドラゴンと茶ひげのケンタウロス巡回部隊がやられたわ」
「何だと!?」
「つまり貴方達が船ごと攫ってきた海賊達には仲間がいてすでに燃える土地に侵入していた」
「彼らは今湖を超えてもうすぐそこまで来てる・・やけに強いとおもったら」
「ホラ コイツらに間違いないでしょ!?」
「麦わらの一味!?」



■ローとスモーカーの戦い。

ルームの中の物体は斬り刻まれて・・・。
「軍艦が木の葉みてえに・・・大佐ちゃん!!体・・どうだうまくくっついたか!?」
「くそ!えれえ事になった・・・連絡もできねえ艦もねえ・・!!」
「七武海は味方なんじゃねえのかよ!!あの野郎・・・」
「おいおい大佐ちゃん動くな!!」
たしぎはスモーカーの言葉を思い返していた。
「たしぎ・・・海賊はどこまでいこうと海賊なんだ」 


「おれは元々お前等七武海を信用しちゃいね!!」
「正論かもな」
「ここがお前に必要か?」
「裏に誰かいるな・・・!!?」
「この島で何を企んでる!!」
「じゃあお前から答えろ!!」
「お前等は何を企んでる・・・!!」

ローが自分の前に岩を出現させたが
スモーカーが十手で破壊。
剣を地面に差ししゃがんでいるロー。
「場所を変えなきゃ・・・見えねえ景色もあるんだスモーカー・・・」
「メス」
岩の裏からスモーカーの心臓をキュービック形状に抜きとった。

スモーカーはその場に座り倒れる。

「何一つ・・お前に教える義務はねえ・・・」


ルフィ達が到着。
「ホラこれ軍艦じゃねえか!!」
「じゃあ軍艦が来てんのか!?」
「えー!?さっきまでここには何も・・・」
「あそこ誰かいるぞ!!」
「・・・・麦わら屋」
「あれ~~~~!!?お前は~~~~!!」

遭遇。



外れちまったが…まぁ予想も見ていけやw
cV・_ゝWW y-~


ネタバレ予想

第662話 秘密の研究

お ま た せ ♪

久しぶりの画伯バレ画像ですよ~
☆(ゝω・)vキャピ

しかも2色カラーで登場だぁーっ!






さて、解説もお久しぶりなのですね

なんということでしょう!もう説明不要の圧倒的画力。ルフィの表情をご覧ください。

2コマ目のロー。画伯曰く「目の下にクマがあればそれはロー」とのこと。確かに似てるしw ちなみに2色カラーはココだけっ!

そして登場!押尾学元被告。収監されましたね。画伯は話題のトレンドもはずしません。
(`・ω・´)キリッ

次の心臓を握りつぶすシーン。これはホントにありそうだから困るw

なぜかリーゼントのスモーカー。その背中に哀愁を背負って来週へ




まだなんとも言えませんなぁ~

ローの能力の回避方法

スモーカーはたしぎ、てめえの覇気だと解体される。と発言していることから、強い覇気を持っていれば不意打ちを食らわない限りは大丈夫ということでしょうか?

サンジ達は完全に不意打ちですねw

サンジ,フランキー,ナミ,チョッパーの心臓

あっさりローに奪われました?これを取り返すためにはやはりローと戦わなければいけないのか?

モリアの時は影を人質として取られましたが、何かそのときと似ていますね。
ローの食べた実はオペオペの実

追記
嘘ばれっぽいけど上がってたのでどうぞw

第662話 「スリーピー・ホロウ」

扉絵 女ケ島で麦わら一味の人形が大人気(ハンコックがルフィの等身大人形を抱いて独り占め)

真っ二つに斬られた大佐のたしぎ、生きているけど返事はない。
スモーカー「・・・、何が目的だ。こんな辺境の土地で。」
ロー「それを知られちゃあマズいから、お前たちは逃がさない。」
スモーカー「・・・、分かった。俺の目的はあくまで麦わら一味の拿捕。ここで何をしていようが目を瞑ろう。
その代わり部下と軍艦を元通りにしろ。俺たちは沖で麦わら一味が出てくるまで待つ。」
ロー「白猟屋、中将になって物わかりが良くなったな。分かった、麦わら一味の事は好きにしろ」
たしぎやG5の連中が元に戻り、軍艦に乗って沖に出た。
スモーカー「トラファルガー・ロー、ここで何をしてるのか知らねぇが、ペガパンクの失敗作は動かすべきじゃあねぇ。」

場面変わってルフィたちはすでに毛皮を剥いで乗馬していた。残りの一味は上半身裸になって極寒の雪道に残された。
そして、向かった先はナミたちが捕まっているローの別荘。その途中、また例のサムライの上半身が現れて怯えるブルック。
ブルック「戦争で殺された騎士が蘇り、夜な夜な森で殺しの儀式をするという西海の首無しの騎士 スリーピー・ホロウ伝説。彼はまさに首無しの騎士。ワタシ、怖いの嫌いなんです」
ウソップ「それ、お前のことじゃねえか?」
ルフィ「すげぇ、あしまろと合体させよう。首無しのサムライ誕生だ!」
胴体と下半身が合体して足早に別荘に向かうサムライの体。それを追うルフィたち。

また、場面変わりサンジたち。ナミの体で興奮して真っ白になるサンジとフランキーのデカい両手で羽交い締めにするナミ。そこにローが来て、あっさり心臓を元に戻す。
海軍は撤退した、着いて来いと言って研究室に。
ロー「人は病気や怪我で死ぬから、この世に医者がいる。不老不死になっちゃあ医者はいらねぇよな」と呟いて終わり。




▼[TOPICS]▼


(c)ONE PIECE ワンピース携帯海賊団
All Rights Reserved.