ONE PIECE ワンピース携帯海賊団
更新

■携帯で見るONE PIECE(ワンピース)情報!待ち受けやデコメもあるよ♪

ワンピースネタバレ注意

第691話 死の国の王



簡易文字バレ
画バレ
確定ネタバレ



速報キタ!www



ではどうぞ!


690話 SAD

島の施設ごとぶったぎったせいでいろんなものが崩れてくる。
逃げている子供たち及び一味に崩れた天井などが降ってくる。
ゾロはたしぎを担いで後ろからおっていたはずなのに前から現れる
サンジ『キサマ誰の許可を得てたしぎちゃんを担いでんだぁ!!!!』
モチャの治療が出来るだけは終わったチョッパーもG-5と一緒に逃げだす。

SAD製造室ではローにバラバラにされて柵につるされるヴェルゴ
ヴェルゴはローがドフラの過去を知らない事が命取りになる 少し名を挙げた新世代が取って代われるほど世界は浅くない 教えてやれよスモーカー 威勢だけの小僧どもにこの根深い世・・・・
まで言った所で顔まで半分にされるヴェルゴ


R棟1Fではシーザーが部下の命を捨ててシノクニを流せと命令 部下をモルモットと言い放つ。
それを聞いた部下達は涙を流す が、シーザの事を信じ切っており敵を騙す演技だといいガスを中に入れる。

シノクニを体に纏い巨大化したシーザー    シノクニに二つの平和な国が飛び付いた。 世界を兵器まみれにして俺は死の国の王と成る!!
シノクニで部下達が死んでいくのをみてやっと自分たちがモルモットだと部下も気づく
ルフィは怒り茶ひげを見てろとモモに言いその場から居なくなる。シーザーは逃げたと嘲笑う

操作室でウソップは様子をうかがっていた。
ウソップ『傷心のトコ悪いがその操作席ゆずってくれるか 仲間をガスから守りたい!』
部下は諦めているしお前の船長も逃げたのをみたか?と言う。
ウソップ 『オイオイ俺の目の前でウチの船長を侮辱するのか?』
『あいつが俺達を裏切る様な奴だったらいくらからくだったかもな』
『こちとら尻尾巻いてにげだしてぇのに!!どこまでもどこまでも際限なくおれ達の力を信じてやがるから・・・しまいにはこっちが折れちまったよ!!』
『だったら命の限り 応えてやらぁってなぁ!!!』  『みてろシーザーはルフィの最も嫌いなタイプの人間だ』  『ルフィはシーザーを許さない!!!』
ルフィは距離をとってギガントバズーカをうった


追記キタ━(゚∀゚)━!

詳細
↓ ↓ ↓



B棟3階 ビスケットルーム

第691話 死の国の王
扉絵 カリブーの新世界でケヒヒヒヒ


子供達「うわあああ!!」

サンジ「天井が上に浮きやがった!!おまけに裂け目からガスが入り込んできやがったか!!」

ナミ「まずいわね!」

子供「お姉ちゃん、怖いよ!」「わあああ!」

サンジ「おい、クソガキ共!ビビってる暇なんざねェぞ!立ち上がって走れ!!」

G5「ああ!大佐ちゃん!あの鳥女を倒したんだな!!無事で何よりだ!!でも
何でおれたちの前から来てるんだ!?おれたちをシンガリで守ってくれてたと思ってたんだが」
たしぎ「前方にG5が!?やっぱり道を間違えてたんじゃないですか!!」

ゾロ「ああ!?」

たしぎ「でもそれより…降ろして下さい!!恥ずかしいです!!」

サンジ「キサマ誰の許可を得てたしぎちゃんを担いでんだぁ!!!!」

ナミ「ゾロ、逆、逆!」

ロビン「みんな、急いで!!」

━━━ B棟梁2階、診察室━━━

G5「天井が崩れ始めたぞ!!チョパやん!!これ以上ここにはいられねェよ!!」

チョッパー「うん!!今応急処置を終えたとこだ!急いでR棟へ!」

G5「よっしゃ、おれ達に任せとけ!」

チョッパー「モチャ、頑張れ!!ここから出るぞ!!」

モチャ「ハァハァ…」

━━━D棟SAD製造室 ━━━

ヴェルゴ「クソが…明日の朝食はどう食べりゃいいんだかな…返り討ちに合うとは」

ヴェルゴ「随分酷ェじゃないか、ロー。かなり落胆させられたよ。だがお前は必ず
後悔するぞ。よく聞け…お前はジョーカーの過去を知らない。それが命取りになる!!

ロー「!?」

ヴェルゴ「少し名を挙げた新世代が取って代われるほど世界は浅くない。
教えてやれよ、スモーカー。威勢だけの小僧どもにこの根深い世・・・・」

スパン!!(顔を両断されるヴェルゴ)

ロー「おれの心配をする必要はねェよ。てめェの身のほうを心配しな…
この部屋はもうじき消えてなくなる。じゃあな、『海賊』ヴェルゴ…」

━━━R棟1階 ━━━

シーザー「やりやがったな…!!こりゃローの仕業だろ!!ヴェルゴは何やってたんだ!?」

PH兵「マスター!!何事ですか!?仲間が皆、瓦礫の下敷きに!!マスター!!」

シーザー「畜生!!おれの楽園を完全にぶっ壊しやがったな!!」

ルフィ「今のは何だったんだ!?みんな無事ならいいけどな」

シーザー「R棟2階、聞こえるか!?秘密の部屋、応答しろ!!」

PH兵「は、はい、マスター。こりゃどうなってるんです!?」

シーザー「通気口を今すぐに開放しろ!!シノクニをこの部屋に流れ込ませろ!!
おれはガスの体だから死にはしねェ!!」

PH兵「了解です。では、仲間が階上に戻り次第…」

シーザー「今すぐやれ!!」

PH兵「!?」

シーザー「今すぐにやれと言ったんだ!!時間を無駄にするな!!」
シノクニこそがおれの真の力だ!!」

PH兵「し、しかし…100人以上の兵士がまだそこに残って…」

シーザー「知ったことか、この間抜けが!!お前らモルモットが何百人死のうが
誰も悲しみはしねェんだよ!!人間のクズが!!」

PH兵「!?」

茶ひげ「うぐ…!!」

シーザー「急いでやれ!!聞こえなかったのか!?お前らの代わりなんざ
いくらでも用意できるってんだよ!!」

ウソップ「おお…連中静かになったな…茶ひげみてェにシーザーの
正体に気づいたみてェだな…おかげでおれのことは忘れてくれてる。
モニターに映ってるのは…ゾロ達だな!!あのガスに囲まれて苦労してるのか!
そこの連中はこの部屋からドアを操作できるのか?」

シーザー「おい…どうした…何を見てる…」(ハァハァ…)

PH兵「え…い、いや…え!?」

PH兵「分かった、こういうことだろ。敵を騙すためのタダの演技なんだよ!」

PH兵「え?なるほど!そういうことだったか。殺戮ガスも戦術か何かのはずだ!
部下に何かしようってはずもあるめェし!!親切なマスターを疑ったら、傷ついてしまうぞ!!」

カチッ(通気口を開けるスイッチを押す)

PH兵「マスター!!通気口を開けました!」

シーザー「シュロロロロロ!!」

PH兵「殺人ガスが入ってくるぞ!!」

シーザー「そうだ、さっさと言ったとおりにしとけってんだ!ゴミが考える必要なんざねェんだよ」

シーザー「来い、おれに力を与えろ、シノクニよ!!」(シノクニと合体して
巨大化するシーザー)

シーザー「シュロロロ…これこそがおれの科学力…うまくいったようだな…」

シーザー「公開実験のおかげで既にシノクニに2つの平和な国が飛び付いた。

ルフィ「……」

シーザー「人間が本気で自分を守りてェなら、敵を皆殺しにする手段を欲するのが
世の常ってもんだ!!世界を兵器まみれにして、おれは死の国の王となる!!
シュロロロロ!」

PH兵「え…マスター…やめ…」(シノクニに飲み込まれるPH兵)

ルフィ(ざわっ)

ルフィ「モモ!茶ひげを見とけ!!」

モモの助「え、分かったでござる。しかしあれは一体何でござるか。
人々が…」

PH兵「わあああああ!!仲間が!!皆死んだ!!こりゃ一体どういう仕打ちですか、
マスター!!…!!もしかして本気でおれ達のことをモルモットとしか思って
ないんじゃ!?」

シーザー「シュロロロロ…こりゃビックリだ!!この制御の速さはもはや芸術品だ!!」

シーザー「おい!!どこへ行く、麦わらのルフィ!!シュロロロロ!腰が引けたか!?
何て無様な姿だぜ!!だがその通路が通じてるB棟はとっくにシノクニで
充満してるぞ!!お前ら全員、この島からの逃げ道なんざねェんだよ!!」

━━━━━━場面変わって━━━━━━

ウソップ「傷心のトコ悪ィが、その操作パネルを弄らせてくれねェか!?
仲間をガスから守りたい!」

PH兵「!?そうだ、あいつもここにいたんだ!麦わらの一味!!」

PH兵「全部見てやがっただろ、畜生!!見ての通りだ…おれ達は見事に裏切られたとこだ」

PH兵「もう終わりだ。今は奴が敵だとわかっていても、ここから出る術はねェ!!」

PH兵「だが、お前らも同じじゃねェのか!お前らの船長がシーザーから
逃げるのを見なかったのか!?」

PH兵「はは!いい気味だぜ!お前らを置いて一人で逃げ出してんだ!」

ウソップ「…おいおい、おれの目の前でウチの船長を侮辱するのか?
あいつが俺達を裏切る様な奴だったらいくらか楽だったかもな。
こちとら尻尾巻いてにげだしてぇのに!!どこまでもどこまでも際限なく
おれ達の力を信じてやがるから・・・しまいにはこっちが折れちまったよ!!

ウソップ「だったら命の限り 応えてやらぁってなぁ!!!
見てろ、シーザーはルフィの最も嫌いなタイプの人間だ。
ルフィはシーザーを許さない!!!」

エレファントバズーカを思い切り構えるルフィ

ルフィ「もう、おめェの顔は見たくねェよ!!」


外れちまったが…まぁ予想も見ていけやw
cV・_ゝWW y-~



ネタバレ予想

第690話 ジョーカーの護衛

予想的なものから…

追記あり!↓


第690話はまた、ローがめちゃくちゃカッコイイ回ですね!!

まず、単純に…強ぇ!!あのヴェルゴを瞬殺(死んではいないか)するほどの能力!覇気の強さも大きく上回っているという証拠でしょう。いやいや、それより!山ごと真っ二つですよ!ていうか、心臓とられている間って、そんなに能力落ちてたんですね。

そして、最後にドフラミンゴに啖呵切る姿。すごい大物になっちゃってます!この2年での成長度、完全にルフィを上回ってますよね~早くルフィもとんでもない強さを見せつけてほしいもんです。といっても、主人公は窮地に追い込まれてやっと勝つくらいがイイのか…

そういえば、スモーカーさんも地味にカッコ良かったです。あとは、サンジが空気にならないように頑張ってほしいところです(笑)

さて、次回はそろそろルフィVSシーザーも決着ですかね!?

早く次の展開に行ってほしい気持ちが結構あるわけですよ。ビッグマム編とか…大物との闘いにね。

とまあ、ここまで暴れたらもうドフラミンゴや四皇も黙ってはいない筈。

ヴェルゴはこれだけで死んではいないと思いますが、

彼ではローやルフィに敵わないと思います。

691話はついにドフラミンゴがルフィたちに初めて挑みかかるのでしょうか?

追記!↓


これは嘘バレちゃんだな!

カリブーの病室に謎の面会人

691話 新世界の裏

ジジイ<どうするんだね若、このままじゃ
ドフラ<フフ 問題ねえ シーザーの野郎がくたばらない限りはな
ババア<場合によっちゃただ事じゃすまんぞ あの方に伝えとくべきか?
ドフラ<いや大丈夫だ モネが仕事を果たしてる限りシーザーは安心だ、それよりも
幼女<チュパチュパ

ヴェルゴ<馬鹿な俺の覇気を上回るとは
ロー<お前たちは俺たち新世代を甘くみすぎた 俺たちは常に新しい世界で技を磨き上げて二年間戦ってきた!!

ヴェルゴ、ローにさらに斬られバラバラにされる

侍と息子の竜が会う 子供たちも何とか落ち着かせて海軍達が保護してる

シーザー<よく考えろ麦わら!! 俺を捕まえたところでお前には何も特することはねえ!!四皇をアイツ等を怒らせるだけだぞ
ルフィ<知らねえよ そいつもぶっとばす!!!
シーザー<馬鹿野郎が怖いもの知らずにも程がある あいつらはなぁ・・
シーザーのポケットの電伝虫鳴る

???<よう 聞こえてるか お前んとこの殺戮兵器が欲しいでなぁ
シーザー<ヒィイいいいぃィィィ!!!!!!!
四皇 天竺のカイドウ 懸賞金 11億3千万 ドドン!!!!!!!!!



考察等を少し拾いますた


今回、ローが大活躍!ローってこんなに強かったっけ?とまあ、そんな感想です。

本来なら主人公のルフィが目立つべきだと思いますが、このアニメは他のメンバーや海賊、海軍などそれぞれストーリーがあって前向きなメッセージを貰えるところが素敵な話しですよね


ここだけの話ですが、なんとコビーが海軍大将になるって本当ですか?あの弱いけど、言いたいことはしっかり言うコビー。ストーリー的に前向きなメッセージを読者に伝えるためにしっかりと目標を持って努力した人はその通りになるってことを示したいのでしょうね。

でも普通、そうは思っても体格や頭の良さなど努力してもどうにもならない問題も数多くあると思いますが、そういう点でもコビーは恵まれていたのでしょうか?そんな風には全然見えませんでしたけど・・・

それにしてもローがなぜこんなに強くなったのかが私は知りたいと思います。「マリンフォードの戦争」後の2年間のことをルフィたち海賊ルーキーたちは強調しますが、それぞれその2年間でそんなに強くなるためにどういうことをしてきたかに焦点が集まります。なんかアニメの表現を見ていると戦前より数倍強くなっているように感じますがそんなことって実際、可能なのでしょうか?ま、その辺のことは「作者次第」なので、読者はなんとも言えませんよね

そして、私がもう一つ今回、気になったのはスモーカーの強さと思い。同じ海軍中将という高い地位にありますが、ヴェルゴの方が圧倒的に強いということになってますね。スモーカーの煙になる能力は強い覇気使いのヴェルゴには全く通用しないふうに描かれています。能力に頼るスモーカーですが、覇気そのものはヴェルゴより圧倒的に弱いということなのでしょうか?

というか、覇気というのがあるなら能力なんてあっても仕方ないじゃんとまで言えるかもしれませんね。でもしかし、大将の黄猿のように人間が高速で空を飛ぶことができるので絶対に能力があった方が便利ではあると思います・・・




▼[TOPICS]▼
お勧めリンク集|ONE PIECE ワンピース携帯海賊団
パパラチMAX
日刊女性|芸能ゴシップ
パパラチ芸能裏情報
ネコ画像ニュースキュンぬこMAX
競馬予想競馬うまっ!
方法検索みんなのノウハウ
相性診断|恋活教室
恋活UNIT
旧暦
デート検索デトスポPC・スマホ版
デート検索デトスポ携帯版


(c)ONE PIECE ワンピース携帯海賊団
All Rights Reserved.